入れ歯を必要としているときに気になること。 どうやって入れ歯は作られている?

入れ歯の種類はどのようなものがある?

部分入れ歯はどんなもの?

まずは部分入れ歯についてご紹介します。
こちらは名前の通り部分的に入れ歯を入れる方法となります。
これは元の歯がある場所に金属製の入れ歯をはめこむスタイルとなります。
その種類も様々あり、金属などを伴うものや磁石を使用するものなどがあります。
まずは歯が抜けた場所にぴったりとはめ込むように装着するタイプ。
これは見た目にも入れ歯だとわかりにくいので、綺麗な歯を手に入れることができます。
また抜けてしまったところに磁石を埋め込み、部分的に入れ歯を差し込むタイプです。
このタイプは入れ歯が取れにくいので不快感が少ないです。
他にも樹脂でできた部分入れ歯などもありますのでご自身に一番合った部分入れ歯を探してみてください。

総入れ歯はどんな入れ歯?

続いてご紹介するのは総入れ歯というタイプのものです。
これは歯が一本もなくなってしまった時に使用できるタイプになります。
ちなみに歯がない生活は体の調子や骨にまで支障をきたすので、総入れ歯を付ける必要があります。
噛む力がないとあごの筋肉が衰えてしまうので、健康な生活を送るためにも総入れ歯をつけましょうね。

総入れ歯はご自身の口やあご、歯茎の形に合わせてオーダーメイドで作ります。
そのため長期の時間を必要とします。
さらに金額も高額になってしまいます。
しかし歯がない生活というのは体に悪いので総入れ歯を使いましょうね。
噛み合わせや噛む力が衰えないように、総入れ歯は必要です!
おいしいものをいつまでも食べれるような老後を過ごしたいものですね。


この記事をシェアする