入れ歯を必要としているときに気になること。 どうやって入れ歯は作られている?

入れ歯の作り方は?

入れ歯を作る段階は?

それでは実際に入れ歯をどのように作っていくかを見ていきましょう!
まずは専門のお医者さんと一緒に相談しながら部分入れ歯なのか総入れ歯なのかを決めていきます。
それぞれの入れ歯にはメリットがありますのでしっかりと考えましょう。
そしてそのあとに義歯を取り付け口腔内の型をとります。
この作業はぴったりとはめるために必要な段階なのです。
その後型を取り終えたら、再びお医者さんと相談します。
その内容は実際に歯をはめるにあたり、不快感の無くつけることができるようにするためです。
噛み合わせはもちろん、入れ歯の色や形をチェックしていきます。
最終的に入れ歯をはめ込み、治療は完了です!

しかしこれで治療は終了したわけではありませんのでこのあとメンテナンスについてもご紹介していきます!

欠かさずメンテナンスをしましょう!

メンテナンスの一環として入れ歯を清潔に保つことはとても大切です。
入れ歯を長持ちさせるだけでなく、口内の健康を保つことができます。
ではどのようにお手入れすればよいのでしょうか?
入れ歯を清掃するタイミングは朝と寝る前です。
入れ歯用の歯ブラシを使い丁寧に磨いていきます。
力加減が強すぎてしまうと入れ歯に傷ができてしまいますので、注意しましょう。
また、入れ歯用の洗浄剤もありますので用途に従い使いましょう。

お手入れをしても長い間使用していると傷や不備が出てきてしまいますので、こまめにメンテナンスをする必要があります。
また口の中の状況も変化しますので、メンテナンスをしながら噛み合わせなどに合わせて入れ歯を調節していきましょう。


この記事をシェアする